ビデオライフ

 

ビデオを作るには

ビデオの説明を聞いているうちに、オリジナルビデオを作りたくなったのではないでしょうか?今すぐにでも作りたいという気持ちをまずは抑えましょう! 

 

まず、今保存している映像や写真でビデオを作りたい人と、今から自分で撮影してビデオを作る人の2パターンがあると思います。

ビデオカメラ1つでは、あなたが想像しているオリジナルビデオは作れません。必要なものを準備してから編集は始まります。

しかし、何を準備したらいいのか分かりませんよね。ここで、簡単な必要なものと計画を学んでいきましょう!

 

今ある映像での制作

まず、必要不可欠なのが「パソコン」  今の時代パソコンがあればいろいろな事ができますね。

「ムービーメーカー」などの映像を編集するソフトです。そして、カメラですね。映像をパソコンに取り込み編集します。

この時忘れてしまいがちですが、音楽です。映像に合わせた曲が良いでしょう!

 

撮影から始めるなら

撮影では、カメラが必要です。

そのほかに三脚があると映像がブレないので便利です。また1人での撮影に三脚は必要です。

そして、マイク。マイクで音の臨場感が変わります。ビデオカメラに内蔵されているマイクは、カメラマン(撮影者)の声や鼻息を拾いやすいので気をつけましょう。外付けマイクは2000円前後で購入する事が出来ます。分からないときは電気屋さんにたずねてみましょう。

ワイドコンバージョンレンズがあるとまた違った映像にできます。一般的にワイコンと呼ばれています。家庭用のビデオカメラは、レンズが小さいので撮影できる範囲が狭いようです。
ワイドコンバージョンレンズというのは広角レンズの事で、レンズに付けて使います。建物や風景などがワイドに撮影できます。

 

計画

さて撮影を野外で行う場合は、撮影日時や天気を考えましょう。晴れや雨を上手く利用する手もあります。雨が降っている日には計画をずらして雨のシーンの撮影をするとか良いでしょう!!

 

ベストな場所を見つけても、そこが私有地なら勝手に入ったり撮影してはいけません。勝手に入り込み撮影を行うと「不法侵入」などで訴えられる恐れがありますよ!

まずは、土地の管理者に連絡を取り、使う内容などを伝え許可が下りてから撮影しましょう。

 

物語を作るなら!

物語を作るなら、ストーリーを考えましょう。人を惹きつける作品にするにはどういうストーリーにするか。1番大切だと思います。

台詞や演出に力が入っていないと、見ていて飽きてしまいます。キャストも大事です。演技に恥ずかしさが残っているだけで作品の評価を下げます。

 

学生の頃、生徒が作ったビデオ鑑賞をしたのですが、演技にも問題があり、カメラも手ブレで、ストーリーの発展性も無く、しまいにはセミの鳴き声がうるさく台詞が聞こえませんでした。

 

作る事に夢中になるのではなく、見る側の事も考えて作るとこのような失敗は起きないと思います。

慣れていくと次第にコツやテクニックが自然と身につくものです。始めから完璧な作品にしようと思わずに作ってはどうでしょうか?

 

recommend

イオン
http://www.aeon.info/
性病検査を行う
http://www.cellsee.jp/

Last update:2015/4/23

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2009 video life? All rights reserved.